歌を歌う女性

ボイトレ 音楽

ミックスボイスの出し方と練習方法について解説【絵を使って解説】

ミックスボイスってよく聞くけど、何なんだろ。
高音が簡単に出るようになるって聞くけど、出し方とか練習方法とか知りたいなあ。

こんにちは!コウです。
本日はこんな悩みを解決したいと思います。

 

✔本記事の内容
・ミックスボイスとは
・ミックスボイスの出し方
・ミックスボイスの練習方法

 

今回は歌として、高難易度技術であるックスボイスについて見ていきましょう。

ミックスボイスは、地声のような声のまま高音を歌えるので、高音の曲を歌いたい方は、必須のスキルとなります。

 

ミックスボイスとは何?というところから、ミックスボイスの出し方や練習方法まで紹介していきたいと思います。

 

ミックスボイスってそもそも何?出し方が全然分からない

カラオケ用品

ミックスボイスを知る前にまず、地声と裏声について、学びましょう。

 

理論的な話になりますが、

地声と裏声とは

  • 地声は声帯をしっかり閉じている状態の声。響きは胸が中心。
  • 裏声は声帯をほとんど閉じていない状態の声。響きは頭が中心。

地声と裏声の声帯状態

このように地声は声帯がしっかり閉じているので、空気感はない声になります。

対して、裏声は声帯が開いているので、空気感がある声になります。

ミックスボイスは地声と裏声の中間状態

ミックスボイスとは、これらの地声と裏声の中間の声なので、声帯状態としては、下記の画像のようになっています。

ミックスボイスの声帯状態

そのため、裏声のような声帯状態のまま、声帯閉鎖を強くしていくと、ミックスボイスを出すことが出来るんです。

 

ミックスボイスの声区

下の図は声区区分になっています。

ミックスボイス領域においては、地声と裏声の組み合わせで低音から高音をカバーしています。

声帯閉鎖の強さをコントロールすることで、空気の通る割合を変化させることができ、滑らかに全音領域を出すことが出来ます。

声区区分

 

 

ミックスボイスが出し方が分からない方は、次のようになりがちです。

 

地声領域と裏声領域が完全に分かれています。
そのため、高音に上がっていくときに、喉が締まってブレイクしてしまい、高音が出せないという方が多いです。

声区区分

 

ミックスボイスでは、このようなブレイクポイントがないので、
高音まで滑らかに出すことが出来ます。

 

ミックスボイスの出し方

歌う女の子

ミックスボイスの出し方はコチラです。

ミックスボイスの出し方

  1. 子猫のモノマネで出してみよう:空気感の強いミックスボイスです
  2. エッジボイスを出している状態で、一気に高音に引き上げる:地声感の強いミックスボイスです

これらでミックスボイスの感覚をある程度分かると思います。
感覚を掴んだら、練習方法を実施し、安定させていきましょう。

 

ミックスボイスの出し方①:子猫の鳴き声モノマネをしてみましょう

子猫

まず、子猫の鳴き声をマネしてみましょう。

「にゃー」

っと言ってみましょう。

 

普通にできましたね?

感覚は、地声でもなく、裏声でもないと思います。
どちらかというと、裏声よりって感じだと思います。

 

実はそれがミックスボイスの一種なんです。

コチラは空気感の強いミックスボイスで
スピッツの草野さんなどが出している声は、コチラの出し方です。

 

ミックスボイスの出し方②:エッジボイスを出している状態で、一気に高音に引き上げてみましょう

まず、エッジボイスを出してみましょう。
エッジボイスとは、ジリジリとして呪怨のような声です。

エッジボイスの出し方

  1. 声を出す
  2. 自分の最低音まで声を下げる
  3. ジリジリとした声になったら、それがエッジボイスです。

エッジボイスは、声帯を閉じる感覚を知るには最適の練習です。

 

エッジボイスを出している状態から、一気に裏声領域の高音まで引き上げてください。

その時に喉に力は入れないでください。
ただ、声帯は閉じた感覚を忘れないことです。

 

上手くいったら、少しキンキンとした高音が出ると思います。
それがミックスボイスです。

こちらのミックスボイスは、声帯閉鎖が強いミックスボイスなので、地声感が強いミックスボイスになります。

 

ミックスボイスは意外と簡単に出せるのです。



 

ミックスボイスの練習方法

基礎トレーニング

ミックスボイスの感覚を掴むことが出来たら、次は練習です。
歌で使えるようにしていきましょう。

声帯を閉じる強さで、ミックスボイスの質も変わってきます。
練習の中で自分が好きな響きに近づけていきましょう。

ポイント

①裏声あってのミックスボイスです
・裏声を練習しましょう

②声帯の感覚をしっかりと掴み、ミックスボイスを安定させましょう
・地声と裏声の行き来をしましょう
・1オクターブ間Na ~ Na のを練習しましょう

 

裏声のトレーニング

まず裏声の練習が必要です。

ミックスボイスは裏声ベースの発声方法になります。

そのため、裏声がしっかり出せないと、弱弱しいミックスボイスになってしまいます。

 

裏声に自信がない方は下記の方法を試してみてください。

オススメの練習方法

・少し高めの曲を、全て裏声で歌う

この方法を続けていくと、裏声を扱う筋肉がどんどん鍛えられていきます。

 

そして、簡単で楽しいので、非常にオススメです。

 

ミックスボイスの感覚を掴み、安定化させるトレーニング

筋力トレーニング

私がオススメする手法は次の2つです。

ミックスボイスを安定化させるトレーニング①:地声と裏声を行き来する

ミックスボイスは出せるようになったけど、地声から繋がらないから、歌で使えない。

そんな方にオススメのトレーニングは5トーントレーニングです
高い音になったら、ミックスボイスに変化していきましょう。

Naという発音のまま、
Na ↑ Na ↑ Na ↓ Na ↓ Na
と出してみてください。

練習には下記を使用してみてください。

この練習がが自然にできるようになれば、歌の中でミックスボイスを使うことが出来ますよ。

YOUTUBEに良い動画があるので、こちらで練習しましょう。

 

ミックスボイスを安定させるトレーニング②:1オクターブ間のNa ~ Na練習

Naの発音というのは、声帯を閉じる感覚を一番感じやすい発音になります。

練習方法は

低い音で「Na」と出す
その後1オクターブ上の音で「Na」と出す

1オクターブ上の音を出すときはミックスボイスを意識してください。

これを1音ずつ高くしていき、限界まで高い音まで出して行きましょう。

 

 

ミックスボイスは出すことはできても、最初のうちは、地声と上手くつながらずブレイクしてしまうことがよくあります。

上記2つの練習をしっかりすることで、歌でも使えるようになっていきましょう。

 

よく分からないなら、ボイトレ教室に行くのもオススメ

ドアを開ける

私は現在ボイトレ教室に通っています。
理由は、ミックスボイスも含め、歌の技術を早く向上させたかったからです。

 

私はボイトレ教室に通うことで、今回紹介した練習方法も学ぶことができ、ミックスボイスも出せるようになりました。

 

もし、練習してもよく分からないって方は、ボイトレ教室に通うのも考えてみてください。

こちらの記事を参考にしてみるといいと思います。

【体験談】ボイトレ教室ってどんなところ?練習内容や雰囲気を紹介

 

皆さんもミックスボイスを習得し、歌を好きになることを期待したいと思います。

それでは!




    -ボイトレ, 音楽

    Copyright© データサイエンスを勉強する歌好きブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.