ボイトレ 音楽

【歌の基本】チェストボイスの練習方法を、ボイトレ通い歴2年が紹介

チェストボイスってそもそも何?
基本らしいから、上手くなりたいんだけど。。。

 

こんにちは!コウです。
本日はこんな悩みを解決します。

私はボイトレに2年通っている音楽オタクです。
ボイトレに通ってみた記事はコチラ

【体験談】ボイストレーニングを始めてみた。ボイストレーニング教室ってどんなところ?

 

✔本記事の内容

・チェストボイスとは
・チェストボイスは重要です。練習しよう

 

チェストボイスは、歌の基礎として非常に重要な技術となります。
練習して、周りを驚かせちゃいましょう。

 

 

チェストボイスってそもそも何?

チェストボイスとは言葉の通り、
チェスト(胸)を響かせる歌の手法になります。

基本的には低い地声域で使われる声となり、
発声の基本です。

 

ただ、普段話す地声とは異なります。

深い息と胸を響かせた声は、
よく「良い声」と言われます。

歌手の中でも有名なのは「福山雅治」さんですね。
低音の響きがかなり素敵です。

 

福山さんの声ってめちゃめちゃ色っぽくて
カッコいいですよね。。。

 

チェストボイスを鍛えることで、
福山さんのように、
よく響く低音を手に入れることが出来ます。

 

 

女性歌手だと、あいみょんさんのチェストボイスも魅力的だと思います。

 

歌でチェストボイスは基本です。

高音を出せるようになりたい方も、
まず低音から練習しましょう。



 

チェストボイスの重要性

チェストボイスの響きを覚えることで以下のことを習得できます。

  • 低音の響き
  • 腹式呼吸
  • 息の通し方

チェストボイスを覚えることで
低音の響きを得ることが出来ます。

 

それに加えて、息の使い方を覚えることが出来ます。

息の使い方は、
・ミックボイス(ヘッドボイス)
にも使う非常に重要な技術となります。

まずベースとなる低音の出し方を覚え、
息の使い方を覚えましょう。

 

高音の練習ばかりしていました。。。

 

まず低音をマスターしよう。
高音はその後!!

 

胸の響きを強くするには、
しっかりした「息の支え」と「息の流れ」が重要になります。

多くの方は間違えがちですが、
低音の方が、高音よりも息が多く必要なためです。

 

低音が安定したと感じるころには
息の使い方が安定するため、
歌としてもかなり魅力が出ているでしょう。

 

チェストボイスを練習してみよう

やる気を出す男性

①胸に手を当てて声を出してみよう

胸に声を当ててみましょう。

その後深く息を深く吸い、胸を意識して声を出してみましょう。

 

手に振動を感じましたか?

もし振動を感じた場合は、
胸への響かせ方が分かっている証拠です。

次のステップで理解を深めましょう。

 

もし振動を感じなかった方は、
次の二つを試し、胸への響きを練習してみてください。

  • 大きく息を吸い、腹から声を出しましょう。
  • 地面を響かせる勢いで声を出してみましょう。

 

②テノール歌手が出すような声を出してみましょう。

テノール歌手が出す声を聴いたことがありますか?

深くてよく響く声です。
参考に次の動画をご覧ください。

 

日本のテノール歌手の秋川雅史さんです。
有名な「千の風になって」を歌っている動画です。

これを真似て胸を響かせた声を出してみましょう。

 

あなた秋川さんのような発声が出来たでしょうか?
意外とすぐできる方がほとんどだと思います。

 

もしテノール歌手のような声が出せたら、
息の量を少し減らして、優しく歌ってみましょう。

それがJ-POPなどで用いられている基本的なチェストボイスの発声です。

何度も練習し習得しましょう。



 

③音階練習をしましょう

チェストボイスの感覚が分かってきたら、
その音の出し方で音階練習をして、体に覚えこませましょう。

胸に響いた声のまま音階練習を何度も練習しましょう。

ポイントとして、高音にいくときに、
響きを鼻やオデコへ移していくことです。
これを意識すると、高音もきれいに出るようになります。

 

音階練習には以下のアプリがオススメです。
voice trainingに特化したアプリで、
音階練習などの基礎練習をすることが出来ます。

700円しますが、ボイストレーニングに通うよりはかなり安いので、
歌を上手くなりたい方は、こちらをオススメします。

 

 

無料でやりたいという方は、
YOUTUBEにも音階練習はたくさんあるので、参考にしてみてください。

男性発声向けYOUTUBE動画はこちら

 

女性音階練習向け動画はこちら

 

補足:腹式呼吸を練習しよう

腹式呼吸は歌の基本です。
そして、今回のチェストボイスにおいても、非常に重要です。

腹式呼吸を覚えることで、
響きの量が圧倒的に大きくなります。

 

練習法は簡単。

  1. 腹を膨らませて息を吸う。
  2. その後息を20秒吐く。

これを1日5セットやるだけ。
これだけで歌の質が全く変わってくるので、非常にオススメです。

 

伝えたいこと:チェストボイスで低音を覚えてから高音の練習に入りましょう

ステップアップ

 

「薄っぺらな声」と「豊かで響きのある声」
どちらが魅力的でしょうか。
もちろん後者です。

 

低音での響きを覚えない限り、
豊かで響きのある声は手に入れることは絶対できません。

 

高音を先にマスターしたとしても、
とげとげしい響きの方がほとんどです。

まず、基本をマスターしましょう。
歌はそこからです。

私ももっと練習を積んでいきたいです。
頑張りましょう!

ボイストレーニングに通うのもオススメなので、
一度検討してみてください。

【初心者必見】ボイトレスクール3選を紹介。全部無料体験行ってきました。



    -ボイトレ, 音楽

    Copyright© データサイエンスを勉強する歌好きブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.